幸せになる旅路

幸せになれるヒントをシェアします

一日一歩

こんにちは

 

透心です

 

仕事の移動時間に

「今後の人生どう生きるべきか」

なんつー答えの無い

堅苦しいテーマを

今日も考えてしまっていました

 

もしかして

自分って所謂

元祖「意識高い系」

なのかもしれません

 

ブログで学ばされること

 

ほんとにたくさんあります

 

「生き方」は

最終的には自分が

決めるんだけど

 

結局は

今の自分に近い価値観の「成功者」の背中を

必死で

もしくは無意識に

追ってるだけなのかも

 

ふとそう思いました

 

彼らも同じだったりして

 

宗教でも

セミナーでも

歴史上の人物でも

親でも

上司でも

神でも

 

揺るがないと思えるものを

心に置けた人って

 

強いですよね

 

「成功者」とも言えるかもしれません

 

今日からそうなることにします

 

今日の一歩

希望の朝より終焉の夜が好き

元々煩悩のダイヤモンドみたいな己の頭を軟化したくて始めたこのブログ。

 

当然日常生活に大きな変化は無いけれど、心が洗われてる「手応え」みたいなものが、本当に微かにだけど、感じることができた。

 

有難い。

なんて有難いんだ。

 

まずは己を救済して

己を完全に受入れて

 

いつか自分と同じ様に

出口の見えない迷路で彷徨ってる

たくさんの「誰か」を救える人間になる

 

嗚呼

昭和のJ-POPの歌詞みたいだ

冴えてる俺

 

でも本当にそうなりたいなぁ。

 

はぁ〜

やっぱりこの就寝前の時間帯が大好きだよ

 

朝は何歳になっても好きになれない

 

かと言って

「朝」が来るのがワクワクして待ちきれない

遠足や旅行前夜みたいな夜

 

それはそれで悪くは無いけど

毎日それはかなり嫌だな

 

だから今よりもうちょっとだけ

朝が好きになりたいものだ

ゲームのようなもの

生きてると

本当に色々な出来事が起こる

 

嬉しいことや腹立つこと

感動したり面倒なことだったり

 

そんな出来事たちには

感情がもれなくセットになってる

 

幸せ

不安

怒り

悲しみ

 

そんな感情を掘り下げていくと

最後は「愛」か「怖れ」に行き着く

 

どちらを出来事の根底に発見できるか

どこに「愛」が隠されているのか

 

「愛」に気付けると

ストンと出来事を受入れられる

 

気付けないとモヤモヤする

 

最近は難題ばかりです

 

やれやれ

 

 

最高の友人たち

俺には「親友」と呼べる友人が2人いる。

 

これは本当に幸せなことだと思う。

 

今日俺の愚痴を聴いてくれた後輩の親友。

口下手な奴なんだけど、会話が凄く心地イイ。

 

「つまんねーんだよなぁ最近。」

「僕もです。」

 

つまらないのはお互い完全自己責任なのだが、その上で本音を受け止めてくれる存在がいることは、本当に救いだと思った。

 

良いことも良くないと思えることも、本当はそこに意味なんて無くて、全ての出来事はギフトか。

 

つまんねーお陰で、親友の有難みを再確認。

 

何が起こってもとりあえず楽しんでやるか。

不思議とそう思えた。

 

あいつらには本当に感謝しかない。

あいつらが困った時には、絶対に力になる。

 

さぁ。

明日もくだらねー1日だろうが、せいぜい楽しんでやるとするか。

 

不器用に生きる

我ながら本当に厄介な性格だと思う

 

奇跡的に手にした

平凡で幸せな今の生き方に

 

納得はしている

 

でも

 

どこかで

別の生き方の可能性を

どうしても探してしまう

 

今の仕事が嫌いな訳ではない

安定しているし

人間関係も悪くないし

世間体も悪くない

 

家族のことも愛してるし

本当に感謝している

 

ただ

これは一種の癖というか

 

安定してくると

壊したい衝動が

どうしても

どうしても

芽生えてしまうのだ

 

壊すつもりはさらさら無いが

 

もし30後半になる自分の人生が

大きく方向転換するとしたら

 

それは衝撃的な「誰か」との

出会いと共にやってくるのだろう

 

このまま老後を迎える可能性が

非常に高いけれど

 

そんな根拠の無い予感だけが

どうしても頭から離れない

 

 

「間」

高校生の頃

 

携帯はまだ無かった

 

カナ文字数制限のある

ポケベルが唯一のアイテムだった

 

待ち合わせの時や

家でヒマしてる時

 

何してたっけ???

 

今は時間余ればスマホ

特に知りたいこともないがとりあえずスマホ

まさに今もこうしてスマホ

 

代わりに何の時間を失った?

何でこんなに必死でヒマを埋めようとしてしまう?

 

俺は何を恐れている?

ボーッとする時間はいつから「悪」になった?

ヒマはいつから「損」になった?

 

何か違う 

違和感感じる今日この頃

みんな同じ

地元を飛び出して都会で夢を追ったり

 

波瀾万丈な人生を望んだり

 

親の人生をどこかで見下したり

 

結局それって

 

平凡で凡才な自分を受け入れたくない

もがきだった

 

自営業に携わってようやく気付けたことは

「俺はクリエイティブな人間では無い」ってこと

 

皮肉にも一番忌み嫌ってた「サラリーマン」に

向いてる人間だった

 

でも今はそれを受け入れつつ

そんな自分を愛しつつ

生きようとしてる

 

きっと俺は「誰か」の幸せを追ってた

 

これからは「自分だけの」幸せに気付きたい

 

きっとみんな同じじゃないかな。

 

「誰か」の幸せを追ってると

苦しくて惨めで悲しくなる

 

幸せのかたちは皆それぞれ

 

そう思う