幸せになる旅路

幸せになれるヒントをシェアします

書くということ

36歳。

会社員。

妻子との4人暮し。

地方都市にて暮らす。

こうして自分で文章にしてみると、改めて平凡で幸せな人生を歩ませてもらってるなと思う。

若かりし頃は、自分は他人とは違う選ばれし者なんだと勘違いし、世間的ないわゆる『成功者』を目指して、もがいてた。

4年前に初めて『サラリーマン』となり、そんな気はサラサラ無くなった。

30歳過ぎてようやく、世間の言う『大人』の階段を昇り始められたのかもしれない。

等身大の自分を受け入れることができる様になってから、精神面に対しての『たし算』が『引き算』に変わり、現状に感謝し、心は穏やかになった。

昔の様な燃え上がる情熱は、あれから全く持てないでいるし、生きている間には2度と持てないかもしれない。

でも、そんな自分の中に『書く』という欲望がほんの少しだけ残っていた。

消えかけた燃えカスに残った火種の様に。

馬鹿みたいだけど、そんな火種を、私は誰かの救いになると信じて静かに燃やし続けたいと思っている。

読んでくれてありがとうございます。

今日のあなたに、幸せが少しでも多く訪れます様に。